Original

【角部屋】マンション売却のノウハウ ~高額売却のために~

この記事をザックリいうと


マンションの角部屋。

普通の部屋を比較した場合、評価は高いのでしょうか?


『マンションの角部屋は人気がない』『角部屋は売りづらい』という説を唱える人もいますが、角部屋は人気が高く高値での売却がしやすい傾向にあります。


本記事では『角部屋』の不動産マーケットでの評価のされ方と、上手な角部屋の売却方法について説明していきます。


この記事の対象者



『角部屋のマンション内での評価はどうなの?』

『角部屋は高値で売却できるの?』

『角部屋の具体的なメリットって何なの?』




・・・という、疑問や悩みをお持ちの方が本記事の対象者です。


マンション査定の評価、実際の買い手の評価には様々なポイントが存在します。

立地、築年数、階数、部屋の広さと間取り、物件の劣化状況などです。

そして、同じ階数であっても「角部屋」と「それ以外の部屋」では評価が異なってきます


今回は「角部屋」をめぐる不動産売却の実情について、解説していきましょう。



【目次】

1. 「角部屋」の定義とは?

2. 「角部屋」のメリットとは?

4. 「角部屋」であることを広告でアピールしましょう! 





私たち「わくわく不動産・マンション売却部」とは?



こんにちは。

私は世田谷を拠点に『正しい不動産・売買情報』を発信するわくわく不動産小野田コーイチです。


「中古マンション売買」という専門性が必要な領域の事象に関しまして、プロの不動産会社のエージェントの視点から解説していきます。




「角部屋」の定義とは?


「角部屋」の定義とは何でしょうか。

その名のとおり、角(かど)に面している部屋となります。


具体的には、外部に面している壁面が2面以上ある事です。

つまりバルコニー面だけでなく、もう1面が外部に面している状態です。


「角部屋」と「中間部屋」

上記の「角部屋」以外の部屋は、「中間部屋」と総称されます。

「中間部屋」は両サイドが隣の部屋に挟まれていますから、外部に接しているのはバルコニー面の1面のみとなります。



「角部屋」のメリットとは?




「角部屋」は「中間部屋」に比べて人気が高く、高値で売却される傾向にあります。

では、「角部屋」には具体的にどんなメリットが存在するのでしょうか。




メリット①:風通しの良さ

「角部屋」が外部に面している壁面が2面あるため、風通しが良くなります。

これが「中間部屋」になると、バルコニー面しか外部と接していないため、風が抜けないため風通しの悪い状況になってしまいます。



メリット②:騒音が少ない

両隣りが隣の部屋に面している「中間部屋」とは異なり、「角部屋」は隣と面している壁が1面しかないため、騒音も緩和されます。


廊下の一番奥に位置することから、外部を歩く人も少なく静かです。

エレベーターからも遠く、外廊下を通る住人が少ないため騒音が少ないのが特長です。


メリット③:陽当たりと眺望の良さ

「角部屋」は2面の壁面から採光できるので、陽当たりが良くなります。

同様に2面の窓から景色を眺められるので、眺望も良くなる傾向にあります。


メリット④:ゆとり設計の部屋が多い

「中間部屋」と比較すると「角部屋」は間口の幅を取りやすくなります。

そのため、ゆとりのある設計、ちょっとした間取りの違いの部屋となっているのも人気の秘密です。


メリット⑤:高値がつきやすい

上記のようなメリットがあるため、「角部屋」は「中間部屋」より人気です。

そのため高値で売却しやすい傾向にあります。


同じ階数の「中間部屋」と比較すると、約3%ほど高く売却することが可能と不動産業界ではいわれています。



最も評価が高い「角部屋」は?


「角部屋」は方角によって、4つのパターンに分かれます。


◎パターン①:南東の角部屋

◎パターン②:南西の角部屋

◎パターン③:北東の角部屋

◎パターン④:北西の角部屋


南向き、東向きにバルコニーのある部屋が人気のため、最も価値があるのは「南東の角部屋」となります。


条件が悪い「角部屋」の対処法

北向きにバルコニーが面する「角部屋」は不人気な傾向にあります。

「北西の角部屋」は特に人気がありません。


北面は、陽当たりが悪く寒い印象を持たれます。

西面は、西日が強い印象を持たれてしまうからです。


こういった場合、実際に暮らしている中での対策や実際の印象を率直に伝えることが効果を発揮します。


例えば、北面でも暖房器具があれば全く問題ないこと。

西日はブラインドで回避できる等の情報をしっかり提供しましょう。



「角部屋」であることを広告でアピールしましょう!


マンションの買い手は不動産の素人(しろうと)です。

物件の図面だけを見て、すぐに「角部屋」であると認識できない人が大部分です。


ですから、広告では「角部屋であること」を実際の文字とデザインで全面的に打ち出しましょう。


インターネット広告や紙のチラシでも「角部屋であること」を分かりやすく印象的に表現してみてください。


内覧時の工夫

内覧時は実際にリアルな体験として「角部屋のメリット」をアピールしましょう。

窓を開け、風通しの良さを見学者に体感でリアルに感じてもらえれば、購買意欲も強まるでしょう。



「わくわく不動産」で角部屋を高値売却!

「角部屋は売りづらい」等という根拠のない噂もありますが、上記で見てきたように「角部屋」はメリットが数多く存在し、人気の物件となります。


東京都内で「角部屋」の売却をご検討の方は、わくわく不動産へお問い合わせください。


私(小野田コーイチ)が所属するわくわく不動産は、“売り主のエージェントに徹し、売り主様の物件が早期に高値で売却できることのサポートを最大限いたします。


「売り主様の利益を最優先」「信用とクチコミで勝負」の弊社(わくわく不動産)には、お客様からの数多くの「感謝の手紙」が届きます。




「わくわく不動産」の特長と強みに関しては下記の関連ページをご覧ください。




(関連記事:「なぜ『わくわく不動産』がオススメなのか?」)


マンション売却に付帯するあらゆる悩み事や相談事は、私(小野田コーイチ)およびわくわく不動産にお声がけください。

強引な営業は一切いたしません。



※スマホの方はタップすると電話ができます。お気軽にお問合せください。

強引な営業は一切いたしません。




【おわり】



備考:「マンション最上階」も人気です


今回ご紹介したように、同じマンションでも条件によって人気と価格は異なってきます。

そして「角部屋」と同様に人気が高いのが「マンション最上階」の物件です。


マンション最上階の物件の概要に関しましては、下記の関連記事をご覧ください。(関連記事:【マンション最上階】やっぱり売却に有利? ~そのメリット&デメリット~)





備考:わくわく不動産を支持するお客様の声と評判


わくわく不動産でマンション売却を成功させたお客様へインタビューを実施し、その売却のリアルなポイントやコツをお聞きしています。


◎【不動産売却体験談②】マンション売却を成功させるかしこい不動産選びのポイントとは?




◎【体験談③】離婚でも任意売却せずに無事に物件売却に成功!



◎【体験談⑤】遺産相続での土地や物件の売却は司法書士のいる不動産会社へ相談を




◎【体験談⑨】住宅ローン審査に落ちても、あわてないで!!~審査に落ちてもマンション売買は可能です~




◎【体験談⑪】住宅ローン審査で格闘!~フラット35を使って中古マンション購入に成功~


小野田コーイチ

小野田コーイチ

岡山県出身。青山学院大中退。 不動産業界に約30年。売買仲介、賃貸仲介に幅広く精通。 仲介だけでなく物件の買取、相続不動産案件、リフォーム提案、投資案件まで対応可能なマルチ・プレイヤー。 自身の不動産会社を経営した経験もあり、その知見は一般的な不動産営業マンと一線を画す。 2012年よりわくわく不動産の『専属不動産エージェント』として業界に新たな風を吹き込んでいる

お問い合わせ

売りこみ&しつこい営業は絶対にありません。

この内容で送信します。よろしいですか?