Original

【マンション最上階】やっぱり売却に有利? ~そのメリット&デメリット~

この記事をザックリいうと

マンションの最上階は、中古マーケットにおいてもやはり人気です。

それだけ需要があることの証明でもあります。

 

中古マンションも新築マンションと同様に、上層階になるほど値段が高くなってきます。

眺望の良さを筆頭に様々なメリットがある「マンション最上階」ですが、常に高値で早期に売れるかというと、そういう訳でもありません。

 

マンション最上階には人気の理由となる多くのメリットが存在しますが、最上階ならではの欠点も存在するからです。

 

本記事では『マンション最上階のメリットとデメリット』について、説明していきます。

 

この記事の対象者

『眺望の良さ意外のマンション最上階のメリットってなに?』

『マンション最上階にデメリットなんてあるの?』

『マンション最上階なのに売れないことなんてあるの?』

 

・・・という、疑問や悩みを持たれてる方が本記事の対象者です。

 

人気のマンション最上階の物件。

でも、マンション最上階なら簡単に売却が可能という訳ではありません

それはなぜでしょうか。

今回はそんな疑問を持つ方を対象とした記事となります。

 

また、東京都内全域でマンション保有している方も、今後の参考の意味で目を通してみてください。

 

 

【目次】

1. マンション最上階のメリット

2. マンション最上階のデメリット

3. 『最上階=簡単に売れる』とは限らない

4. 「わくわく不動産」で見積り査定を!

 

私たち「わくわく不動産・マンション売却部」とは?

こんにちは。

私は世田谷を拠点に『正しい不動産・売買情報』を発信するわくわく不動産小野田コーイチです。

 

本サイトは、一般の方が馴染みのない「不動産売買の専門的な知識」を誰にでも理解できるように分かりやすく、プロの不動産会社の視点から解説していきます。

 

マンション最上階のメリット

マンション最上階のメリットは数多く存在します。

一般的なイメージでは「眺望の良さ」でしょうが、それ以外の最上階の物件の利点やメリットを紹介していきましょう。

 

メリット①:眺望が良い

マンション最上階の最大の魅力は「眺望の良さ」です。

それに伴って、日当たりが良く暖かいのも魅力です。

 

物件によっては、最上階の物件に付加価値を付けるため、バルコニーが広かったりする魅力的な部屋も数多く存在します。

 

メリット②:上の部屋からの騒音が無い

マンションのクレームやトラブルで多いモノが「隣人の騒音」です。

特に自分の部屋の上層階からの「生活音」が、騒音として問題になりやすいのです。

上層階の住人がファミリーで、小さい子供がいる等のケースです。

 

その点、最上階なら上の部屋からの騒音は皆無です。

快適で静かな環境での暮らしが約束されているのは、大いなるメリットでしょう。

 

メリット③:天井が高い物件が多い

マンション最上階の部屋は、マンションの屋根からの熱を受けやすい構造となっています。

その熱を緩和するための熱対策として、最上階の部屋は天井を高い構造としているマンションが多い傾向にあります。

 

こういう理由で、マンション最上階には天井の高い快適な物件が多いのが特徴です。

 

メリット④:風通しが良く快適

最上階は風通しも良いため、ダニやカビの発生を抑止する効果もあります。

日当たりも風通しも良い、快適な環境が手に入ります。

 

メリット⑤:防犯やプライバシーの利点

周辺に同レベルの高い建物がないため、カーテンを開けたまま生活できます。

他人の目やプライバシーを心配しない事はマンション最上階の住人のメリットです。

 

また、防犯の観点からも安全性が高いのがメリットです。

侵入や窃盗の事件は統計的にも、低階層で発生する確率が高いのです。

 

メリット⑥:資産価値が高い

中古マンションの販売価格においても、階数が高いほど査定額&販売価格は高くなります。

多くの人々が、その資産価値を認めている証拠です。

 

前述の数々の『マンション最上階ならではのメリット』がプレミアム感を醸成し、人気を集める要因となっているのです。

 

マンション最上階のデメリット

数多くのメリットが存在するマンション最上階の物件。

では、逆にデメリットは何でしょうか。

売却にマイナスの要素は存在するのでしょうか。

 

デメリット①:夏のシーズンは暑い

日当たりの良さは最上階のメリットですが、夏場は逆に暑すぎるためデメリットともなります。

夏場はエアコンの利用頻度が上がり、光熱費が余分に発生するケースもあるようです。

 

しかし、近年の新築マンションは断熱効果の高い窓ガラスを使用していたり、天井の緑化で断熱に配慮した物件が多く登場しています。

 

デメリット②:エレベーターの待ち時間の長さ

マンション最上階の住人のとって、日常生活での最大のストレスは『エレベーターの待ち時間の長さ』ではないでしょうか。

 

マンションのエレベーターの速度は分速25~55メートルほどです。

エレベーターの待ち時間は約1~3分程度となります。

通勤や通学で急いでいる時は、エレベーターの待ち時間にイライラする可能性があるでしょう。

 

デメリット③:天災時のリスク

マンション最上階に住む場合は、天災時の対策を意識しておいた方が良いでしょう。

家具や什器が倒れることを防ぐため固定しておく等の安全対策をとっておきましょう。

地震でエレベーターがストップした場合に備え、日常食の備蓄もしておきましょう。

 

『最上階=簡単に売れる』とは限らない

前述のように、マンション最上階には様々なメリットがあります。

そのためプレミアム価格がつき、売り主も購入時は高い買い物をしたはずです。

 

そのためローン残債が多額に残っていると、値下げ対応もできないため売りづらい物件になってしまう可能性があります。

 

低層階と比較して高い販売価格で販売スタートすることは問題ありませんが、マンション最上階のメリットをしっかりと訴求できないと、購入希望者に『単に高い物件』と誤解されてしまいます。

 

信用できる不動産会社へ査定を依頼し、誠実な販売パートナーを見つけてください。

 

「わくわく不動産」で見積り査定を!

マンション最上階の売却時はまず金額査定から。

この時に「見積り一括査定サイト」の活用はオススメではありません

 

複数社が競って媒介契約を結ぶことを狙うため、意図的に高い査定金額を提示するケースが散見されるからです。

また強引な営業行為が問題視されることも。

 

「不動産一括サイトの弊害」に関しましては、下記の関連記事をご覧ください。

『不動産一括査定サイトの2つのデメリットとは?〜相談は地元のエリア密着型の不動産へ〜』

 

私(小野田コーイチ)が所属するわくわく不動産は、“売り主のエージェントに徹し、売り主様の物件が早期に高値で売却できることのサポートを最大限いたします。

 

「売り主様の利益を最優先」「信用とクチコミで勝負」の弊社(わくわく不動産)には、お客様からの数多くの「感謝の手紙」が届きます。

「わくわく不動産」の特長と強みに関しては下記の関連ページをご覧ください。

 

(関連記事:「なぜ『わくわく不動産』がオススメなのか?」)

 

マンション売却に付帯するあらゆる悩み事や相談事は、私(小野田コーイチ)およびわくわく不動産にお声がけください。

強引な営業は一切いたしません。

 

 

※スマホの方はタップすると電話ができます。お気軽にお問合せください。

強引な営業は一切いたしません。

 

【おわり】

 

備考:タワーマンション売却も実は簡単ではない!?

人気のタワーマンション。

しかしながら、タワーマンションというだけでは、もはや簡単に売れる時代ではありません

タワーマンション売却に関する関連記事は下記をご覧ください。

 

『タワーマンションを早期売却すべき理由とは?|売却時の「5つの注意点」』

 

お問い合わせ

売りこみ&しつこい営業は絶対にありません。

この内容で送信します。よろしいですか?