Original

【体験談④】リゾートマンションの惨状って本当なの?~相続マンション売却のタイミングとは~

この記事をザックリいうと

テレビや経済メディアでは「リゾートマンションの惨状」が盛んに報道されています。

その実状を実際にリゾートマンションを所有していた方へインタビューしてみました。

その実状はどうなんでしょうか。

 

また本当に「タダ(無料)でも買い手は見つからない」という様な極端な報道は本当なのでしょうか。

どのメディアにも報道されていない「リゾートマンション売買の実状」をリアルにご紹介します。

 

この記事の対象者

『リゾートマンションを保有していて困っている』

『リゾートマンションの物件価値って本当にあんな悲惨な状況なの?』

『親のマンションを相続したけど、どうすれば良いの?』

 

・・・という疑問や悩みをお持ちの方へ向けて書いています。

 

今回は「リゾートマンション売却」をメインテーマとしていますが、もうひとつのテーマは“マンション相続”です。

 

リゾートマンションを保有していない方にとっても、「マンション相続」は身近な問題です。

全ての人にとって、きっと役に立つ内容だと思いますので、ご覧ください。

 

私たち「専門業務研究会」とは?

こんにちは。

弊社は世田谷、新宿、渋谷、港区エリアを中心に東京都内・全域の不動産情報を紹介する不動産シンクタンク組織&コンサルタント集団である「専門業務研究会」です。

 

シンクタンク機関として第三者の客観的な視点から、一般の方々が知識の少ない「マンションを中心とした不動産物件や土地の売買&売却」に関する情報を本サイトで発信していきます。

 

今回の検証ポイント:リゾートマンション売買の実状とは?

テレビや経済メディアでは「リゾートマンションの惨状」が盛んに報道されています。

バブル期に過剰供給されたリゾートマンション。

スキーブームも去り、買い手が見つからずマンション価値が暴落しているという論調で報道されています。

 

 

リゾートマンションは、劣化がしやすく補修費や修繕費が都心のマンションより多額に発生します。

毎月の管理費・修繕積立金。固定資産税。

修繕積立金の突然の大幅な値上げ。

機能不全を起こす管理組合。

資産ではなく負債となる保有マンション。

 

維持するたけでもコストがかかるので、「売りたい!」マンションオーナー。

でも買い手が見つからない。

「タダ(無料)でも手離したい!」という悲惨な状況になっているとメディアでは報道されています。

 

実際はどうなのか?

その実状インタビュー形式でお伝えします。

 

【目次】

1.田中さん(仮名)の当時の状況

2.リゾートマンションを買った経緯

3.父が亡くなり、母から売却を依頼される

4.まずは見積り一括サイトを利用

5.思わぬトラブル発生!:管理人からのクレーム

6.予想外の展開に!:地元の不動産会社との新たな出会い

7.マンション売却を検討されている方へのアドバイス

8.まとめ:マンション売却はお早めに!

 

はじめに:田中さん(仮名)の当時の状況

田中さんのご両親が湯河原にリゾートマンションを購入したのは1992年。

全盛期は過ぎたとはいえまだバブル期です。

田中さんの父親が亡くなったさい、母親からリゾートマンションの売却を依頼されたそうです。

 

それでは実際にリゾートマンションをどう売却したのかを聞いていきましょう。

 

リゾートマンションを買った経緯

- 湯河原にリゾートマンションを買ったのはいつ頃ですか。 -

 

田中さん(仮名):1992年ですね。私の父親が購入しました。

 

- マンションのスペックと購入金額を教えてください。 -

 

田中さん(仮名):51㎡で1LDKの間取り。5,000万円で購入しました。

バブルの絶頂は過ぎており、値段が下がっていたので「買い時!」と判断して購入したようです。

 

-リゾートマンションを買った目的を教えてください。 -

 

田中さん(仮名):投資目的では全くなかったようです。

父親は老後は湯河原のそのマンションで暮らしたい夢を持っていました。

 

父が亡くなり、母から売却を依頼される

-今回、マンション売却にいたった理由は何ですか。 -

 

田中さん(仮名):父親が亡くなり、母親から売却を依頼されたからです。

母は地元である東京での生活を希望していました。

そうなると、使わないマンションの月々の管理費が負担になるため、売却を決意したようです。

 

 

-売却の方針は決めていましたか。 -

 

田中さん(仮名):住宅ローンは完遂していましたので、とにかく“早く売却すること”を目指しました。

無駄な管理費の支払いを終わらせたかったんです。

 

 

-なるほど。売却価格の高さよりも売却スピードを優先されたのですね。 -

 

田中さん(仮名):はい。そうです。「高い売却」よりも「早い売却」を目指しました。

 

まずは見積り一括サイトを利用

-どうやって売却活動をスタートしたのですか。 -

 

田中さん(仮名)見積り一括サイトを活用しました。

その中から2社に絞り、訪問査定をしてもらいました。

 

 

-査定金額はおいくらでしたか。 -

 

田中さん(仮名):査定金額は700~800万円ですね。

購入金額から考えると、安く感じます。

しかしながら、リゾートマンションの市況は既に悪化していましたので、妥当な金額だと感じました。

 

 

-不動産会社の選定の理由は何でしたか。 -

 

田中さん(仮名):担当者の印象が良かったこと。

こちらの質問や依頼事項に対するレスポンスの早さ。その会社の実績ですね。

 

 

-専任媒介契約にしたのでしょうか。 -

 

田中さん(仮名):いえ。2社と一般媒介契約を結びました。

早く売却したかったので、2社を競わせたいという思惑(おもわく)を持ってそう判断しました。

 

思わぬトラブル発生!:管理人からのクレーム

-売却活動の状況はどうでしたか。 -

 

田中さん(仮名):実はマンションの管理人から苦情が出てしまいました。

管理人への連絡や挨拶もなく、どんどん内覧を不動産会社が実施したため、管理人の不興を買ってしまったんです。

 

 

-なるほど。ちょっとした気遣いと配慮が足りなかったんですね。 -

 

田中さん(仮名):そうかもしれません。

熱心な不動産会社だったので、私自身は不満は無かったのですが、管理人から予想外のクレームをもらう形になってしまったんです。

 

予想外の展開に!:地元の不動産会社との新たな出会い

-それは困った状況ですね。それで販売活動の方針は変えたのですか。 -

 

田中さん(仮名):ここで予想外の事が起きました。

クレームをいただいた管理人からの提案で、地元(湯河原)の不動産会社を紹介されたんです。

 

-地元の不動産会社はいかがでしたか。 -

 

田中さん(仮名):最初に一括見積りサイト経由で依頼した会社は、大手の不動産会社だったんです。この会社にも大きな不満はありませんでしたが、この地元の不動産会社はより親身になって相談にのってくれましたね。

 

やはり大手の不動産会社の担当営業マンにとって、私の物件は「数多くの案件の一つ」でしかない印象です。

 

それに比べると、地元の不動産会社はより密なコミュニケーションが取れるので、とても満足しています。

 

 

-最終的に売却成功したのはいつでしょうか。 -

 

田中さん(仮名):売却スタートから約半年後です。

売却価格は600万円で着地しました。ローン残もありませんし、妥当な金額だと判断しました。

 

 

 

 

 

専門業務研究会よりワンポイント解説:見積り一括サイトに注意

私たちは「不動産一括サイト」「見積り一括サイト」の利用を推奨しない立場を取っています。

理由は「相場より高い査定金額」を提示することが通例だからです。

彼らは契約を結ぶために、意図的に相場より高い査定金額を提示したり、その金額で売却スタートをしたりします。

結果、近隣相場と乖離した金額のため売れない物件になりやすい傾向にあります。

 

田中さんの場合も見積り一括査定での提示額と実際の売却金額には大きな差があります。

「見積り一括サイトの危険性」に関しましては、こちらの過去記事をご覧ください。

 

(過去記事:「見積り一括サイトの危険性とは?」)

 

マンション売却を検討されている方へのアドバイス

-それでは、最後にマンション売却をこれからスタートする方へのアドバイスをお願いします。 -

 

田中さん(仮名):そうですね。3つのアドバイスがあります。

最初にプロの不動産会社に任せきりにせず、まずは自分で相場観を把握すること。

今はインターネットの時代ですから、ざっくりとした相場金額の把握は容易です。

 

次に、売却方針を明確にすることですね。

「1円でも高く売りたいのか?」「その場合、時間はかかっても良いのか?」「1日でも早く売却したいのか」「買取業者の活用も許容範囲なのか?」等ですね。

 

そして、最後は不動産会社とのコミュニケーションですね。

やはり地元の不動産会社に変えたことに結果的に大満足しています。

大手不動産会社では「多くのお客さんのなかの一人」でしかないので、やはり密なコミュニケーションが取れる地元の不動産会社を私はオススメしたいですね。

 

 

 

 

 

 

専門業務研究会よりワンポイント解説:良い営業マン選びが大切!

「不動産会社選び = 営業マン選び」です。

良い営業マンと巡り合うことで、円滑な売却活動は実現します。

 

良い営業マンの見極め方に関しましては、下記の過去記事をご覧ください。

 

「不動産会社の営業マンの選び方」に関しては、こちらの過去記事をご覧ください。

(過去記事:「不動産の営業マンは質で選びましょう!」)

 

まとめ:マンション売却はお早めに!

湯河原のリゾートマンションの不動産マーケットは、メディアで謳われるほど悲惨な状況ではないようです。

やはり、東京からのアクセスの良い立地性が影響しているようです。

熱海のリゾートマンションも同様にまだ市況は悪化していないという報道もあります。

 

でも、この状況がいつ変わるかは分かりません

そして、この教訓はリゾートマンションだけに限定されるものではありません

 

東京都内もマンションは飽和状態です。

相続マンションを早めに売るべき理由は、下記の過去記事で紹介していますので、ご覧ください。

(過去記事:相続マンションを早期に売却すべき理由とは?)

 

なぜ、わくわく不動産を弊社は推奨するのか?

上記のインタビューでも言及されていましたが、弊社・専門業務研究会も「大手より地元の中小の不動産会社」を推奨しています。

そして東京都内で弊社がオススメする不動産会社こそが「わくわく世田谷・不動産」なのです。

 

弊社・専門業務研修会がオススメする不動産会社「わくわく世田谷・不動産」の特長と強みに関しては下記の関連ページをご覧ください。

 

(関連記事:「なぜ『わくわく世田谷・不動産』を私達がオススメするのか?)

 

【おわり】

 

備考:インタビュー記事バックナンバー一覧

【不動産売却体験談①】マンション売却で280万円の利益を出したプロの不動産運用のコツとは?

 

【不動産売却体験談②】マンション売却を成功させるかしこい不動産選びのポイントとは?

 

【体験談③】離婚でも任意売却せずに無事に物件売却に成功!

 

【体験談⑤】遺産相続での土地や物件の売却は司法書士のいる不動産会社へ相談を

黒澤 徹也(くろさわ てつや)

黒澤 徹也(くろさわ てつや)

長年、マーケティング・プランナー&クリエイターとして、不動産業界を筆頭に様々な業種のクライアント企業を顧客として活動。その知見とナレッジを活かし、不動産売買に悩む生活者へ良質な情報を提供する不動産メディア「東京・不動産売却ラボ」を2017年6月に開設。その初代編集長に就任。 自身もマンション購入後に離婚を経験し、本当に信頼できる不動産エージェントの必要性を感じた過去の体験が「東京・不動産売却ラボ」設立の理由となる。 Facebook https://www.facebook.com/tetsuya.kurosawa.3

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

この内容で送信します。よろしいですか?