Original

【リフォームの基礎知識】マンション売却前に壁紙クロスの貼り替えは必要?

この記事をザックリいうと

さあ、これからマンションの売却をスタートするとしましょう。

あなたのマンションの壁紙は経年劣化しているはずです。

こんな場合は壁紙クロスの貼り替えは必要なのでしょうか

 

今回はそんなリフォーム&壁紙クロス張り替えの基本的に覚えておいて損はない情報をご紹介していきましょう。

 

この記事の対象者

『マンション売却活動の前に壁紙の貼替えは必要なの?』

『壁紙が汚いと査定金額は落ちてしまうの?』

『壁紙を新品にしないと売れないマンションになってしまうの?』

 

・・・という疑問や悩みをお持ちの方へ向けて書いています。

 

また、世田谷区、新宿区、渋谷区、港区を含む東京都内でマンションを所有している全ての方々も目を通してみてください。

 

売却前の「リフォーム全般」の予備知識として、きっと役に立つ内容となっています。

 

私たちはプロフェッショナルな不動産エージェントです!

 

こんにちは。

弊社は世田谷、新宿、渋谷、港区エリアを中心に東京都内・全域の不動産情報を紹介する不動産エージェントである「わくわく不動産」小野田コーイチです。

 

プロフェッショナルな不動産エージェントの視点から、一般の方々が知識の少ない「マンションを中心とした不動産物件や土地の売買&売却」に関する情報を本サイトで発信していきます。

 

経年劣化により部屋のコンディションは悪化します。

コンディションの悪い部屋は、どのくらいのメンテナンスをすべきなのでしょうか。

 

今回は「壁紙クロス」を中心に、売却前リフォームやメンテナンスについて説明していきます。

全面的な壁紙クロスの交換をしてから売却活動をすべきなのでしょうか。

 

 

【目次】

1.最初に:基本的に壁紙クロスの貼り替えは不要です!

2.査定価格には大きな影響はない

3.ただし内覧者への印象には大きな違いが出る可能性も

4.「ハウスクリーニング」が最もオススメです

5.壁紙リフォームはせずに、その分の価格を安めに! 

6.壁紙交換をした方が良いケース

7.まずは不動産会社へ相談を!

 

最初に:基本的に壁紙クロスの貼り替えは不要です!

初めてのマンション売却活動。

壁紙の汚れが物件価値の下落につながらないか不安に思う人も多いと思います。

 

でも、実は基本的には、マンション売却前に壁紙クロスを交換する必要はありません

 

・大規模なリフォームをすべきなのか?

・小規模リフォームが最適なのか?

・ハウスクリーニングだけはしておいた方が良いのか?

・壁紙の交換も含めて何もしない方が良いのか?

 

基本的には「壁紙は交換しなくて可」といいましたが、もちろん物件のコンディションによってケース・バイ・ケースです。

 

では、「どういった場合は壁紙の交換が不要なのか」と「どういった場合は壁紙の交換が必要なのか」も見ていきましょう。

 

築年数が古い場合はどうする?

築年数が古い物件の場合、壁紙クロスの交換は必要ありません

古いマンション物件の場合、買い主の最重要項目は「値段のお得さ」です。

安く物件を仕入れて、自分自身でリノベーションをしたいと考えているため、壁紙の汚れは買い主はどうでも良いと思っています。

 

壁紙を交換することで、販売価格がアップしてしまう方が「売れづらい物件」になりますので、壁紙の貼り替えは不要です。

 

それほど古くないマンションの場合はどうする?

築年数が10年~30年未満のマンションの場合はどうでしょうか。

この場合も基本的には「壁紙クロスの交換の必要性はありません」が、例外もあります。

 

タバコのヤニ等で必要以上に傷んだり汚れた箇所にかぎり、壁紙クロスの交換をすると良いでしょう。

全面的な壁紙クロスの交換は高額になりますので、気になる箇所に絞って壁紙の交換を業者に依頼しましょう。

 

築浅のマンションの場合はどうする?

築浅のマンションは場合は壁紙交換の必要性が最も高いです。

買い主も築浅の新し目の物件には「キレイさ」を求めてきます。

買い主が自分自身でリフォームや壁紙クロスの貼替えを想定していなかったりします。

 

築浅物件の場合、必要以上に傷んだり汚れた箇所は壁紙の交換をしておくべきでしょう。

 

査定価格には大きな影響はない

壁紙の劣化具体によって、査定金額はほぼ変わりません

マンション査定の方法は、過去の取引事例や近隣相場をもとに算出されるものだからです。

 

訪問査定を依頼し、不動産会社の営業マンに「壁紙交換の必要性の有無」を質問してみましょう。

訪問査定の最大のメリットは、営業マンと実際に会え、そこで様々な質問ができることです。

それと同時に「営業マンの対応の良さやスキル」をチェックするのもお忘れなく!

 

(過去記事:「査定金額の決まり方って?」)

 

また、「机上査定」「訪問査定」を不動産会社に依頼する際は、「不動産一括サイトのデメリットや欠点」を充分に認識したうえで、不動産会社を選びましょう。

 

マンション一括サイトの危険性とリスクに関しては、下記の過去記事をご覧ください。

(過去記事:「マンション一括サイトの危険性とは?」)

 

ただし内覧者への印象には大きな違いが出る可能性も

前述のように、マンション査定では金額に大きな違いは出ませんが、内覧者が物件を見学した時の印象は大きく違います。

 

内覧会は、ちょっとしたテクニックで大きく見学者に与える印象を良くすることが可能です。

壁紙の劣化具合だけでなく、定期的な掃除、臭い対策、照明を明るくすることの演出効果などで物件の売れ行きは驚くほど変わってきます。

 

他にも「不用品の廃棄」もオススメです。

モノがあふれて生活感が出てる部屋は内覧者の購買意欲を落とします。

また不用品を処分すると、部屋もスッキリし、かつ部屋が広く感じられるメリットがあります。

 

 

「内覧会での買い主への印象をアップする方法」に関しましては、下記の過去記事をご覧ください。

(過去記事:「内覧会を成功させるポイントとは?」)

 

「ハウスクリーニング」が最もオススメです

必要以上に傷んだり汚れていない場合、壁紙の交換は基本的には必要ありません。

しかし、何もせずにそのまま売るのがベストの選択ではない場合もあります。

 

もちろん大規模リフォームの必要は全くありません

マンション売却前の大規模なリフォームは、実はデメリットの方が多いのをご存じでしょうか。

リフォームにかかった費用を販売価格に上乗せすることで、その商圏エリアの相場価格より販売価格が高くなり、売れづらい物件になってしまう可能性が高いからです。

 

それに比べて「ハウスクリーニング」は外注しても費用が安価なため、販売価格に転嫁せずに済みます。

そして内覧者に与える印象の良さが各段にアップします。

 

弊社「わくわく不動産」では(物件のコンディションによって差はありますが)、ハウスクリーニングの実施を最もオススメしています。

 

「ハウスクリーニング」をすることのメリットに関しては、下記の過去記事をご覧ください。

(過去記事:「ハウスクリーニングを実施するメリットとは?」)

 

壁紙リフォームはせずに、その分の価格を安めに!

中途半端に壁紙クロスの交換や簡易リフォームをするくらいなら、その費用分の価格を安めに設定するのが賢い売却活動といえるでしょう。

その理由をこれから説明していきましょう。

 

販売価格に転嫁できない

リフォームをすると、その分の費用を販売価格に上乗せします。

売却価格が近隣の相場価格と乖離(かいり)してしまう場合、その物件は「高い物件」という印象を買い主に与えてしまうデメリットがあります。

 

値引き交渉時の原資に

中古マンションでは「値引き交渉」が当たり前の世界です。

リフォームや壁紙の交換をするくらいなら、値引き交渉の原資としてそのお金を貯めておくのもオススメです。

 

また値引き交渉を少しでも防ぐには、具体的なテクニックがあります。

上手な「値引き交渉への対応」に関しましては、下記の過去記事をご覧ください。

(過去記事:「値引き交渉への上手な対応の仕方とは?」)

 

買い主は自分でリフォームをしたい!

基本的に壁紙の交換が不要な理由は、買い主が自分自身でリフォームを手がけたニーズが強いからでもあります。

昨今は「リノベーション」が流行しています。

買い手は「自分自身で部屋をデザインしたい!アレンジしたい!」のです。

 

壁紙交換をした方が良いケース

基本的には壁紙の貼替えは必要ありませんが、壁紙交換のメリットももちろん存在します。

最大のメリットは「内覧時の印象が良くなる」ことです。

 

内覧者のイメージアップのために壁紙を交換する場合、壁紙クロスはシンプルで無難なテキスタイル(柄)のものを選んでください。

売り主の個人的な好みを反映した奇抜なデザインの壁紙は避けましょう。

 

壁紙交換をした場合のその他のメリット:物件の広告写真が美しい

壁紙を交換した状態で部屋の写真を撮影したものが広告写真に使われるため、内覧希望者の数が増えるメリットがあります。

広告の反響が良くなることもメリットのひとつでしょう。

 

まずは不動産会社へ相談を!

・リフォームをすべきか?

・ハウスクリーニングをすべきか?

・壁紙は交換すべきか?

・何もしなくて良いのか?

 

これは物件のコンディションによって異なります。

近隣マーケットの相場の状況によっても変化するでしょう。

 

まずは、不動産会社の営業マンに訪問査定の時に質問してみましょう。

「不動産会社選び = 営業マン選び」です。

良い営業マンと巡り合うことで、円滑な売却活動は実現します。

 

良い営業マンの見極め方に関しましては、下記の過去記事をご覧ください。

「不動産会社の営業マンの選び方」に関しては、こちらの過去記事をご覧ください。

(過去記事:「不動産の営業マンは質で選びましょう!」)

 

【おわり】

 

※スマホの方はタップすると電話ができます。お気軽にお問合せください。

 

備考:わくわく不動産の小山司法書士について

売買契約におけるトラブル、相続関連、不動産登記関連のお悩みや不安には、わくわく不動産の小山司法書士が万全のサポートをいたします。

司法書士が常駐する不動産会社が、わくわく不動産なのです。

 

仮に、何らかの事情でローン返済が苦しくなった場合も、「任意売却」等の対応策は存在します。

お早目にご相談ください。

 

(わくわく不動産:小山司法書士)

 

名義変更のスペシャリスト集団です!

マンションの名義変更には司法書士と不動産会社の綿密な連携が必要です。

そんな場合も、わくわく不動産のトータルサービスが役に立ちます。

 

「名義変更」に関しましては、下記の過去記事をご覧ください。

 

(過去記事「名義変更に関する知識まとめ」)

 

こちらの記事もオススメ

①:「エアコンの処遇」については、どうすればいいの?

もし仮にエアコンが故障していた場合、売却活動前にエアコンを修理すべきなのでしょうか。

またエアコンの所有権は売主にあるのでしょうか。買い主はエアコンを含め、マンションという商品を譲渡されるのでしょうか。

 

詳しくはこちらの参考記事をご覧ください。

(参考記事:『 【売却準備・編】エアコンは外す?残す?~正しいマンション売却を指南します~』)

 

②:「床(フローリングの傷)」は修繕したほうが良いの?

「フローリングの大きな傷や穴」等は売却前に修繕した方が良いのでしょうか。

これも基本的には不要です。

 

フローリングの全面・張り替えは高額なコストが発生します。

それを販売価格に転嫁することで、近隣マーケットの相場価格より物件が割高になってしまっては売却が難しくなるでしょう。

 

『フローリングの傷の処置』に関しましては、下記の関連記事をご覧ください。

(参考記事:『【マンション売却前に】 床・フローリングの傷/リフォームや補修をすべきなの?』)

 

 

※スマホの方はタップすると電話ができます。お気軽にお問合せください。

小野田コーイチ

小野田コーイチ

岡山県出身。青山学院大中退。 不動産業界に約30年。売買仲介、賃貸仲介に幅広く精通。 仲介だけでなく物件の買取、相続不動産案件、リフォーム提案、投資案件まで対応可能なマルチ・プレイヤー。 自身の不動産会社を経営した経験もあり、その知見は一般的な不動産営業マンと一線を画す。 2012年よりわくわく不動産の『専属不動産エージェント』として業界に新たな風を吹き込んでいる

お問い合わせ

売りこみ&しつこい営業は絶対にありません。